アニマル心理学 −お仕事編−
  あなたの【仕事】に対する意識を、
  アニマル別に分析&チェック!
 
 人生の平均予算はいくら?
   まずは、ちゃんとお金と向きあおう!
   生涯の生活費は最低限どれくらい必要?
 
 
  あなたの老後を計算!
   今は考えてなくてもやがて来る老後。
   自己資金、どれくらい用意するべき?


 
[ 特集インタビュー ]
複業の時代を積極的にとらえる
 科学者YSさん
 看護師RYさん
 掲載準備中
 司会者DIさん
  掲載準備中
 
 オランダモデルってなに?
 本来、「複業化」とは、1つの企業が複数の「本業」を持つことを指します。しかし昨今、それは個人の収入スタイルにも当てはまるようになりました。
 その代表例として「オランダモデル」というものがあります。

 続きを読む
 解雇条件の緩和ってなに?
 「世代間格差」はいまや言葉として定着した感があります。なぜ、このようなものが生まれたのでしょう?
 その大きな原因は、日本の正社員や公務員の解雇条件が厳しすぎるからだと言われています。

 続きを読む
 マルチプルインカムってなに?
 明治の日本には「財布はふたつは持ちなさい」という言葉がありました。
 これは、たったひとつの収入源に頼っていたのでは、世の中の変化によっていつどうなるかわからない。

 
続きを読む
 
 
 


 [ 特集インタビュー ]

 
複業の時代を積極的にとらえる
 医師MYさん

 医師でありながら、
 モデル、作家、タレント、事業家など、複数の顔を持つMYさん。

 「私、体力が無いんです」
 そう話す、彼女のエネルギーはどこから来るのでしょうか?

 そんな彼女が考える「複業の時代」とは?
 仕事を選ぶ基準とは?

 そのあたりを中心にインタビューさせていただきました。

 
本文を読む 

「昔はよかった」 という上司に出くわしたことはありませんか?

「最近の若いヤツは」 という面接官に出逢ったことはありませんか?

 昨今の若者の就職事情は、「キビシイ」状態が続いています。
 年功序列、学歴主義、終身雇用などの言葉は、いまや死語。
「就職したら一生安泰」 という常識は、すっかり過去の遺産となりました。

「世界が狭くなった」 と評されるほど、激しくなった国際競争。
 政治の力で、雇用の流動化を止めることは、とてもできそうにありません。

 この現状、「昔はよかった」のか、「最近の若いヤツ」のせいなのか。
 そうではありません。

「仕事=career」 における常識が変化した、ということです。

 終身雇用や年功序列などの雇用制度が崩壊していくいっぽう、
 各分野・企業では、競争に勝ち抜くことのできる優秀な人材を求めています。

 そして個人も、能力のある人ほど、自分をより高く評価してくれる企業、
 より自分を発揮できるフィールドを探し求めています。

 そんななか、

「ワークシェアリング」 という考えかたが広がりつつあります。
 大企業の中にも、社員の副業を奨励するところが増えてきました。

 かつて、少数派であった double income(共稼ぎ)が、
 いまや特別なことではなくなったように、
「複数の収入源を持つ」 ことがが当たり前の、
 欧米型のスタイルが、広がりつつあります。

 それは、
「ただなんとなく今の職場で働く」 のではなく、
 自分の能力をもっと活かせる、活かしてくれる仕事を求めることでもあります。 

 1つの仕事や職種にとらわれず、
 能力を最大限発揮できるよう、さまざまな仕事に関わり、
「多角的に働く」 という形態へ。

"What's your job?"ではなく、
”What's your jobs?”の時代。


 「本業とは別に副業をする」のではなく、
「複数の本業を持つ=複業」 の時代が到来しつつあります。


「俺は不器用だがら無理だよ」
「私はなんの資格も持って無いから」
「いろんなことができるほど能力がないから」
「昔の日本は良かったよなぁ」・・・
 
 そんなふうに、時代を消極的・悲観的にとらえていては、何も良くなりません。
 
 積極的に複業を行うことは、

 自分自身のスキルを高めたり、
 自分の新たな可能性を見出すチャンスでもあるのです。
 
 これからの時代、仕事を選択する基準をどこに置くのか?
 将来に対してどういう備えをするのか?

 Qzing.comは、関西の中小企業が中心となり、
 2001年に作られたNPOサイトです。

 35歳までの【若者世代】が、
 仕事についてどういう意識を持っているのか?
 どんな希望や不安を抱いているのか?

 それを実地に取材・調査し、
 企業や政府や自治体に訴えかけ、
 ワークシェアリングを推し進め、
 複業がしやすい社会環境を作り、
 失業率が低い成熟した資本主義社会を生み出す
 
ことに貢献する事を目的としています。

 ご賛同いただけるかたは、どうかご協力ください。


Copyright (C) 2014 Qzing.com All Rights Reserved