オランダモデルとは?
『同一労働、同一労働条件』という新しい常識

 【オランダモデル】
制度疲労なき成熟社会
長坂寿久著
日本経済新聞社
 本来、「複業化」とは、1つの企業が複数の「本業」を持つことを指します。
 しかし昨今、それは個人の収入スタイルにも当てはまるようになりました。

 その代表例として「オランダモデル」というものがあります。

 オランダでは、1996年『同一労働同一労働条件』が法令化されました。
 これは、フルタイム労働者とパートタイム労働者との間で、時給、社会保険制度加入、雇用期間、等の労働条件に格差をつけることを禁じたものです。

 つまり【同じ時間、同じ内容の仕事をしているなら、立場に違いは無く、同じ賃金や保証を与える】という原則です。

 その結果、複数の仕事をする人が増え、オランダの失業率は劇的に下がり、破綻寸前だった経済も持ち直しました。
 オランダでは警察官でさえ、その多くが兼業です。
 オランダは、世界初のパートタイム経済(ワークシェアリング)の国とも呼ばれています。
 『同一労働同一労働条件』は、ヨーロッパを中心に、新しい時代の常識になりつつあります。

 いっぽう、オランダモデルをスタンダードにすることへの懸念や問題点を指摘する声もあります。

 また、日本でオランダモデルを成功させるには、強い政治主導、景気のタイミング、国民の仕事に対する意識改革など、いくつかの条件が必要です。

 しかし、いずれにせよ今後、正規社員・非正規社員の区分けは実質的に無くなっていき、本格的に複業の時代が到来する可能性は高いでしょう。
 

Copyright (C) 2014 Qzing.com All Rights Reserved